銀行・信販系などのいわゆる金融系の転職は、一般的には難しいと言われています。
なぜなら、一般的なビジネススキルはもちろん、金融関係の専門知識に加え、信頼性が問われる職業だからです。
特に重要なのは信頼性の部分であり、その意味で金融関係の転職情報は、なかなか一般の転職サイトには公開されないのが現状です。
金融業界側としても冒頭に書いたようなビジネススキルと知識を兼ね備え、信頼できる人物を絞り込んで採用したいと考えているからです。
このため、金融業界各社は、多くの場合は採用手段として転職エージェントを利用しています。
○金融系に強い転職エージェント一言で転職エージェントと言っても、実は内容は細分化されています。
大手企業に強いエージェントもあれば、ベンチャーに強いところもあり、ファッション系やIT系、医療技術系や外資系などさらに専門分野に特化したエージェントも存在します。
金融業界に強いエージェントを選ぶには、このような特徴を踏まえた2つの方法があります。
1)大手転職エージェントに登録するリクルートやマイナビエージェントなど、業界最大手クラスの転職エージェントには、必ず大手企業の未公開情報が集まってきます。
大手企業を狙って行きたいひとは、まずはこういったエージェントを探しましょう。
2)金融専門エージェントに登録する転職を単なるチャレンジや年収アップの機会と捉えるのではなく、金融業界に腰を据えてキャリアアップしたいと考える時は、金融業界専門のエージェントに登録することをお勧めします。
ウィルハーツ、アンテロープなど金融ジャンルに特化したエージェントに登録すれば、自分の専門ジャンルや特技を企業にしっかりアプローチしてくれます。
自分が転職に何を希望するのか、それを踏まえれば、自ずとエージェントも絞られ、効率良い転職活動ができるでしょう。


このページの先頭へ戻る